スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しい自治体の取組

Webでちょっと気になるお話が...

『市役所にフェイスブック係ができる』っとある

自治体にフェイスブック係

よくよく見てみると...

その自治体とは『佐賀県武雄市』のようで...

『新着情報』の中に『Facebookページ「武雄市役所」を開設しました』っとある

さらに見てみると...

最近『日本フェイスブック学会』なるものが設立され

その会長に樋口さんって人がいるそうです

実はこの人武雄市の市長みたいで『なるほどぉ~』っと納得

さらに...『日本ツイッター学会』の会長もしてるそうです

『市長ですよね?』っと言いたいが...

変わりもの好き、新しもの好きの人で市長の肩書で力技のようなことで自分の市を

私的にいじってるのかと思いきや...


ど~も違う感じ...


市民も参加し『官民』の間の壁を無くさないまでもコミュニケーションを

取るのに一役かっているようです

詳しくは『日経ビジネスオンライン』に掲載されてます

その基本はやはり『ツイッター』のようです

2010年9月から職員発信で市民も巻き込みツイッターを展開

今では職員390名が全員ツイッターのアカウントを取得しちゃったようです

本当に職員全員が必要なのかどうかはわからないが

少なくとも前向きな感じには取れると思う

しかもツイッターのアカウント取得の為には『実名』と言うことになり

市としての情報発信に関連したガイドラインまで発表されている

コレ

ってことは?

建設関係の課(部署)の職員もツイッターで発注者として外部の方とやりとり

をするのだろうか?

ある意味...

『ワンデーレスポンス』に影響するかも?

ツイッターで『○○□□なう』ってやり取りで

ワンデーレスポンスならぬ『瞬間レスポンス』ってことにならないだろうか?

一見嬉しく思うが受注者の方にも負荷がかかるとも思う...

ガイドラインをお暇なときにでも見てみてください

結構面白いですよ

この武雄市には単なる新しいモノで終わらないように

頑張って欲しいものです

ちなみに他の自治体では

『米子市(鳥取県)』があるようです


イマイチ内容は見えませんが...


こんな動き...

まだまだ広がりそうですね?




スタッフ U



ランキングUPに
  ご協力ください


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2011/02/28 13:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bcokayama.blog61.fc2.com/tb.php/285-a2642996








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。