スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家の太陽光発電

ここ数日我が家の太陽光発電がおかしい(怪しい?)

抑制がかかり発電しないのだ!

意気揚々と太陽光発電を付け早1年と半年程...

こんなことになったのは初めてである

まっ購入(設置)した時にこんな説明を聞いた覚えも無く

すぐに購入店さんに連絡...

っで説明を受けると...

納得できるような、できないような...


言われていることはこうである

要は...

我が家として購入している電気の電圧と太陽光発電で発電した電気を

売る際の電圧の差が大きくなると『抑制』という機能が働き発電をストップ

させてしまうのである

稀に起きる現象とのことだが『?』っと思いつつさらに説明を聞くと...

『電力会社がモニター機を設置し一週間モニタします』

『結果が出次第電力会社が抑制の基準設定を変えます』

『そうすればまず同じような現象は起きない』っとのこと

『本当かよ!』『じゃあ最初からそうしておけばよかったじゃん!』

っと素人意見をぶつけてみた

するとこうだ

『住んでいる地域の状況によって使用環境は変化します』

『ご近所で太陽光を設置したご家庭があるとそこでも少し変わります』っとのこと

聞けば太陽光発電の世界(業界)では常識の事のようです


購入検討時からそのへんの説明を受けていればこのような不安な気持ちにならなかったのかなぁ~



どの業界でもそうですが『アカウンタビリティー(説明責任)』は重要ですよね?

っと言いつつ

『俺っていろんなことにおいてちゃんと説明責任を果たしてるかなぁ?』

っと少々不安になりつつ...


今日も仕事ガンバろう





スタッフ U



ランキングUPに
  ご協力ください


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2011/09/27 10:39 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bcokayama.blog61.fc2.com/tb.php/373-bbb65078








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。